新入社員研修とは何かまたその目的について

新入社員研修とは会社が組織上の階層ごとに、新入社員に対して行われる研修であります。

それは今迄学生だったのが社会人になる為に、必要な知識やスキルまたは社会人としてのマナーなどの基本を身に着けて貰う事です。

これは非常に大事な事で、会社の中で行っていく上で職務や業務をやり遂げる為です。

新入社員研修は会社によっても違いますが、一般的には1ヶ月または3ヶ月程度の期間をかけて行うケースが多いが、会社によっては1年若しくは3年掛けて、じっくりと基礎から教え込む場合もあります。

会社によっても違いますが、即戦力として研修期間が殆どなく即仕事を行う場合もあります。

会社によって考え方も違いますが、その会社が人を育てるという観点をどのように考えているかです。

新入社員研修には自社の研修施設を利用する場合と外部の企業に委託して行う場合もあります。

このように会社によっても様々ですが、現代では新入社員研修を重んじる会社が殆どで未来ある社会人の育成に努めています。

新入社員研修の目的としては社会人としてどのように行動していくべきか、またどのように考えていくべきかを理解していく事です。

それは社会人としての意味・心構え・入社した会社の企業理念などを理解して仕事に就いて貰うことです。

その為には必要な知識や技能または社会人として、必要な行動などを身に着けていく必要があります。

新入社員研修を行う事により、自分の働く会社の考え方・理念を理解する事が出来、自分がこの会社に合っているか、また仕事を遂行していく事が出来るかなどを考える期間でもあります。

新入社員研修の中でもこの研修期間で、この仕事は自分に合わないまたは仕事を遂行していく自信がない、またその会社の企業理念を理解出来ないなどで辞めていくケースも少なくありません。

事実、大卒者で入社して3カ月以内離職していくケースがこちらとなります.

新入社員研修が得意な会社に発注

このように新入社員研修がその会社でいかに自信を持って仕事を遂行出来るよう教育していく事がとても大切です。